マットレスの真ん中が沈む

マットレスや敷布団の真ん中が沈むと腰・肩・背中を痛めやすい

 

マットレスや敷布団を使っていて、気お付けなければいけないのが真ん中が沈んでしまう時です。

 

この状態で睡眠を繰り返すことで、腰痛になったり、背中や肩などの部分を痛めやすいです。
布団が沈むようになる理由としては2つあり、下記のどちらかによって条件は変わってきます。

 

  • 購入時からマットレスの真ん中付近が沈む
  • 使っていく内にマットレスの真ん中が沈むようになった

 

共通をして言えるのは沈み込みがひどいようだと起きた時にからだの痛みを感じたりすることがある点です。
できるだけ早めに対応をしておいた方が良いのですね。

 

この記事ではマットレスの真ん中が沈む原因やどうすれば良いのかを解説しています。
また、なぜ腰痛に悩まされやすいのかの理由から今後はどんな敷布団を選ぶと良いか紹介します。

 

真ん中が沈んで腰痛になる原因でなく、どんなマットレスを使うか良いか知りたい方は「腰痛マットレスの選び方」をご覧ください。

 

マットレスや布団の真ん中が沈む原因

 

マットレスの真ん中が沈む原因は寝ている時の負荷がかかりやすいからです。

 

仰向けで寝ている状態で布団に接するのはお尻・肩・足の部位です。
背中の部分はゆるやかなS字になっており、設置面積は少なくなっています。

 

そのため、特に重みのかかっているのが布団の真ん中付近であり、使っていく内に沈みこむようになってくるのですね。

 

マットレスが沈んだりへたりは劣化による寿命

 

マットレスが沈んだりへたったりするようになってくると布団の寿命とも言われます。

 

特に真ん中が沈むやすいですが、使い続けていくうちにへたったりするようになってきます。
購入時の状態に比べ、寝ている姿勢は悪くなってしまいからだへの負担が強くなってしまいます。

 

そのため、へたりはじめたらマットレスを買い替えた方が良いと言われています。

 

布団の買い替え時で気お付けるのは汚れたり、購入してからどれぐらい経ったかではありません。
睡眠をしていてへたりを感じたり、起床時にからだの疲れが取れていない時なのですね。

 

人によってはマットレスを購入時から沈んでしまって寝れない人もいます。
それはもともとの反発具合が弱いのが関係をしています。

 

低反発マットレスは購入時から真ん中が沈みやすい

 

マットレスにも低反発と高反発と2種類があります。

 

反発具合を表すもので、マットレスや布団に体重をかけた時に持ち上げる力の強さになります。
からだの沈みこみは腰痛などの原因になるのに最初から低反発なのも販売がされているのですね。

 

その理由としては低反発にマットレスは寝心地が良い点にあります。

 

からだが沈み込むので布団に包まれるようになり、柔らかくて寝心地が良いのが特徴です。
一般的な敷布団に比べて反発が弱いので、最初から沈みやすい設計になっているのですね。

 

但し、使っていくうちに真ん中が沈むのとは違い、全体的に反発が弱くなっています。
そのため、敷布団が劣化した状態で販売がされている訳では当然のことながらありません。

 

睡眠で大事なのは特定の部位に負荷がかからないようにする為に、体圧分散ができて接地面積を大きくできているかです。
使っていくうちに真ん中が沈むようであれば、劣化をしているので買い替えを検討するようにしましょう。

 

マットレスの真ん中が沈むのは腰痛になる

 

マットレスの真ん中が沈むと腰痛になる原因は寝ている時の姿勢です。

 

真ん中が沈むことで腰回りの負担がかかってきます。
一時的な問題であれば良いのですが、睡眠中は5時間から7時間を同じ状態を維持することになります。

 

そのため、腰回りへの負担が高い状態でずっといることで、腰痛になりやすいのですね。

 

朝目覚めるとからだが痛いのであれば、姿勢が悪かったり特定の部位へ負担がかかりすぎている証拠です。
本来は熟睡は心やからだを休める時間でもあります。

 

寝ている間に疲れたり腰痛に悩まされるので、早めに改善をする必要があります。

 

沈み込みがなくからだに楽な姿勢なので高反発を利用する人が多い

 

からだに負荷のかかりづらい自然な姿勢を作りやすいのが高反発のマットレスです。

 

普通の布団を使っていたり、使っていくうちに劣化をして真ん中が沈むと、起床時に腰が痛くてすっと立ち上がれなくなってきます。
そのため、人気となっているのが高反発マットレスです。

 

高反発マットレスは沈まないように反発が強いので、自然な立っているような状態の姿勢を作りやすいです。
また、体圧分散ができるようにコイルスプリングが内蔵されていたりと、設置面積を増やしてより楽な姿勢を作りやすいようになってるのも多いです。

 

5年や10年と長く使えるようにへたりづらい設計のしているのは、長く使えてコスパが良いので全ての人に共通しておすすめすることができます。
すでに起きた時に腰痛に悩まされている人であれば、問答無用で高反発で設置面積の多いマットレスを利用するようにしましょう。

 

起床時にからだの疲れが取れていない人や痛みを感じる人はこのまま下記の記事をご覧ください。
腰痛に良い高反発マットレスのおすすめを比較 - 腰痛マットレスの案内人

 

マットレスの真ん中が沈むようになったら買い替える

 

あなたが使っているマットレスの真ん中が沈むようになったなら、買い替えるのを検討をするようにしましょう。

 

裏返して沈む位置を変えるなどをして、ごまかしながら使っていくことはできます。
しかし、本来の役割をマットレスが果たせていないので、からだに楽な姿勢でなかったり、負荷がかかりやすくなってしまっていることもあります。

 

マットレスや布団は毎日のように1日の約3分の1の時間を利用して、同じ姿勢を保っています。
使い捨ての用品とは違い、長く使えるものでもあるので、ごまかしながら使うのではなく、新しいのに買い替えるのをおすすめします。

 

腰痛に悩まされていないのであれば、そのまま普通のマットレスを使えば良いですし、疲れが取れていなかったは感じるなら高反発を利用してみるのもありです。
睡眠はからだを休める時間でもあるので、逆に負担をかける時間にならないようにしましょう。

 

page top