柔らかい低反発マットレス

柔らかい低反発のマットレスは負担大きくなる

 

マットレスや敷布団にも色々と種類があり、柔らかいと低反発である可能性があります。

 

低反発のマットレスの特徴はからだが沈み込んでしまうことです。
そのため、お尻の付近が深く沈むので、腰痛に悩まされることがあります。

 

柔らかいマットレスで寝ていると、からだが包みこまれるので寝心地が良いと感じる人は多いです。
実際、ホテルなどでも低反発のが利用されていることも多く、ふかふかで弾力を感じて家のとは違うなと感じるものです。

 

しかし、柔らかいマットレスは気持ちが良い物の、腰や肩などの特定の部位に負担がかかる特徴があります。
そのため、腰痛や肩凝りに悩まされるひともたくさんいます。

 

この記事ではなぜ柔らかい低反発のマットレスは腰痛になってしまうのか?
また、どんなのを利用することで起床時にすっと起き上がることができるようになるのかを解説しています。

 

柔らかいマットレスが腰痛になる原因

 

柔らかい低反発のマットレスは寝ている時にかかる体重を、あまり反発して跳ね返すことがありません。
そのため、重みのかかっている部分を中心的に沈み込んでしまいます。

 

仰向けも横向きでもどちらも共通をして、重たいお尻の部分がからだが沈みこみます。
そこから布団に接してるかかとと肩付近に重みがかかるようになります。

 

極端な状態をイメージすると分かりやすいと思うのですが、お尻から左右に上り坂があるかのような、姿勢で寝ていることになるのですね。
そのため、腰回りや肩付近の負担が強くかかるので、腰痛や肩コリの原因となってしまいます。

 

柔らかい低反発のマットレスは特定の部位に負荷がかかり続けやすいのですね。

 

柔らかい低反発のマットレスだと寝返りが打てない・打ちづらい

 

柔らかい低反発のマットレスは姿勢だけでなく、寝返りにも関係をしてきます。
からだが沈み込んでしまうので、寝返りが打ちづらくなってしまうのですね。

 

人は寝ている間に自然と寝返りを何度も繰り返し行っています。
起きている時でも余り意識をせずに何かもどかしくなり行うことも多いです。

 

実はこの寝返りを行う行為は特定の部位に負荷がかかるからでもあります。
どんなマットレスでも共通をして仰向けで寝ていれば、布団に接してるお尻や腰回りの負担は大きくなってしまいます。

 

そのため、横向きに寝返りを打ち姿勢を変えることで、特定の部位にかかる負担を分散する効果があります。
柔らかい低反発のマットレスだと寝狩りが打ちづらいだけでなく、腰も痛くなってくると力を入れる必要があるので、打てない状況になってしまうこともあります。

 

柔らかいマットレスに寝ている長時間が腰への負荷になる

 

睡眠時間は人が行動する時間の中でも長いです。

 

人によって仕事の関係や寝不足で4時間などの短眠になることもあります。
また、7時間ぐらいの睡眠をしていることもあります。

 

どちらにしろ寝ている時間と言うのは長時間なのですね。
本来はこの熟睡中にからだや心を休める時間でもあります。

 

しかし、柔らかい低反発のマットレスでからだに負荷のかかる姿勢になることで、腰痛のように特定の部位を疲れさせてしまうことになります。
そのため、起床時に起き上がれないだけでなく、疲れが取れなかったり、途中で起きてしまうなどの問題がでてきます。

 

しっかりと熟睡してからだを休めることができないと、日常生活でも活力が出なくなり、疲労を感じてることにもなるので、からだに合ったのに早めに変えるのをおすすめします。

 

楽な姿勢で眠れるのが高反発マットレス

 

最近は一般的な敷布団やマットレスでなく、高反発タイプのを利用する人は多いです。
その理由はからだに楽な姿勢で熟睡できることにあります。

 

高反発のマットレスだと体重をかけている部分を強く反発をして、からだが沈み込むのを防ぐことができます。
そのため、からだが楽な姿勢で眠ることができるのが特徴です。

 

特に起床時の腰痛に悩まされた人だと、高反発マットレスに変えることで、効果があったなど口コミも多いです。

 

高反発のマットレスが腰に優しいのは沈み込むことが少ないだけでなく、寝返りが打ちやすい点にあります。
からだが沈みこむことはないので、平面で寝ている状態になるので、寝返りに力を余りいれなくても行うことができます。

 

そのため、自然と寝返りの回数が増えやすいのが特徴なのですね。
高反発のマットレスはからだに楽な姿勢で寝返りの回数も増えやすいので、腰痛に悩まされる人に人気があります。

 

柔らかい低反発マットレスと高反発マットレスの違い

 

柔らかい低反発マットレスと高反発マットレスの違いとしては下記の3点です。

 

  1. 寝ている時の姿勢
  2. 寝返りの回数
  3. 特定の部位にかかる負荷
  4. 寝心地

 

どれも腰痛や肩凝りなどに関係をしてくる部分でもあります。
睡眠に関わるほとんどの部分で違いが低反発なのか高反発なのかで出てくるのですね。

 

そのまま柔らかいマットレスでも寝心地が良ければ、からだに合っており余り沈み込みもなく、疲れが取れているなら問題はありません。
しかし、起きた時に腰痛や肩凝りに悩まされたり、疲れが取れていないと感じるのなら、高反発マットレスに変えるのをおすすめします。

 

高反発マットレスのデメリットは低反発と違い寝心地が悪いと感じやすい

 

高反発マットレスは慣れるまでに時間がかかるって人も多いです。
特に柔らかい低反発を使っていた人だと、硬いと感じることもあるはずです。

 

楽な姿勢なので最初から気持ちが良いって人もいますが、多くは硬さに慣れないことが多いです。
そのため、使いはじめに関しては硬くて眠りづらいと感じたりします。

 

慣れるまでは1週間から1ヶ月はかかると考えておいた方が良いです。
但し、起床時にすっと起き上がられるようになったなどは早いうちから経験をしている口コミも多く見かけることができます。

 

ニトリや寝具店で試し寝をしても、いまいち寝心地が良いと感じづらかったりするので、選びづらかったりします。

 

マットレスの選び方に関しては下記で解説をしているので、腰痛や肩凝りに悩まされている人はご覧ください。
腰痛に良い高反発マットレスのおすすめを比較

page top